宮代ねこの日収支報告。

遅くなりましたが、宮代ねこの日の収支報告です。


「宮代ねこの日」をつくり、支えて下さったみなさまに心より感謝申し上げます。


イベント当日は、楽しかった!と思えるほど余裕がなく、私の中では反省点ばかりですが、

参加された方がみなさんが楽しかった、参加できてよかった!とおっしゃってくださるので、

ああ、やってよかったんだなと、今になってやっと実感しています。

みなさまの温かいメッセージをじわじわ反芻しています。



宮代町で譲渡会を開きたい。

できれば宮代町のシンボルでもある、コミュニティセンター「進修館」で、

宮代町の人々に地域猫活動や保護猫について知ってもらいたい。


そんな思いから始まったのが去年の10月でした。

その時はまだ多頭崩壊の「た」の字も出ていなかったので余裕でした。笑

そこで進修館チャレンジというプログラムを知り、


越谷の音楽家「デュオルクレール」さんをご紹介いただき、

宮代ねこの日が動き出しました。

タイミングや素敵なご縁に感謝です。


本来、ペット不可である公共施設の進修館。


どうにか譲渡会を開きたくて、進修館に認めてもらいたくて、

人をたくさん呼べる大きなイベントにしたくてがんばりました。

やってよかった、またお願いね、と言ってもらえれば、次に繋がると思ったからです。


寛大な心と柔軟な対応で、保護猫を館内に入れることを許して下さった進修館、

最大限にバックアップしてくださった宮代町生活環境課と宮代TNR実行委員会のみなさま、

スタンプラリーに協賛いただいた東武動物公園さまには感謝の念しかありません。


ありがとうございました。


以下、会計報告です。


経費を差し引いた収益で、宮代町に捕獲機を2台寄贈、

また、さいたま市の虐待猫「みぬま」の医療費として保護主さんに寄付する予定です。

支援が決まりましたら、またご報告させていただきます。


ネコスぺ事務局 大塚

ネコスペ事務局

ネコスペ事務局は、 個人で活動するボランティアさんの後方支援部隊です。 保護猫・保護犬の譲渡会やイベントを企画・運営しています。

0コメント

  • 1000 / 1000